しごと座 トップ の中の コンテンツ一覧 の中の ビジネスマナー講座 の中の 名刺交換その6:「商談の引き際」


名刺交換その6:「商談の引き際」

サインを見逃してはいけない
タイミングがすべてと言ってもいいのが名刺のしまい方です。

ビジネスの世界では、商談中名刺を名刺入れにしまう仕草が、「そろそろ商談を終わりにしましょう」という合図になります。まだ話が済んでいないのに自分からしまうのは失礼ですし、逆に早々にしまおうとしてくる場合は、その商談には興味がないか、次の予定が迫っているかのどちらかです。

話の流れを良く読んで、そろそろ切り上げるタイミングだという時にさりげなく名刺入れに手を伸ばしましょう。自分が営業訪問している時などは注意が必要です。わざわざ時間を作ってもらっておきながら相手が満足していないうちから片付けを始めるなんて、恋人同士なら即ケンカ勃発の危機です。

ここで私から出来る営業マンになるためのポイントをひとつ
★名刺をしまいながら次のアポイントの話をする

営業マンにとって次回のアポイントを取り付ける事は、その商談の生命線でもあります。商談の途中で切り出しても、相手がまだ十分な関心を持っていなければ失敗に終わりますし、切り出せないまま商談終了では次に繋がりません。

そこで私のおすすめポイントは「名刺をしまう時」です。名刺入れに名刺をしまう時には概ね雑談などをしている事が多いです。相手も少し気が緩んでいますし、終了間際であれば、その時の商談に対する相手の感触も十分見極められているはずです。

そんなタイミングを狙って、相手の関心度に合わせたアポイントの取り方をしましょう。非常に興味が高ければ突っ込んだ内容のアポイントを切り出し、再度プッシュが必要ならば相手が求めていそうな資料を持ってきますと相手の興味をひきましょう。アポ取得率も高いですし、次につなげる最後のチャンスですからぜひ有効に活用してください。

関連コンテンツ

名刺交換でのビジネスマナー

名刺交換その1:「名刺の渡し方 -営業編-」  営業訪問した時の名刺交換ほど大事な儀式はありません。

名刺交換その2:「名刺の渡し方 -来客編-」  急な来客にも慌てない名刺交換の準備できてますか?

名刺交換その3:「名刺交換の順番」  上司との同行営業での順番とは?みんなが悩むポイントを解説。

名刺交換その4:「紹介をする順番」  自分の上司と先方の部長が初対面だった時、どちらから紹介する?

名刺交換その5:「名刺の置き方」  商談中でも慌てない、いただいた名刺の並べ方知ってますか?

名刺交換その6:「商談の引き際」  商談も順調に進行中。さてそろそろ失礼しようと思っているんだけど、、、

座長からご挨拶

しごと座座長の熊切です。新入社員や20代、30代の社会人に役立つ情報発信をしています。実体験から学んだビジネス学が皆様のお役に立てば幸いです。
詳しいプロフィールはこちら

↓↓↓ブログ更新中です↓↓↓

ビジネスアイテム
直営店人気ランキング

■クラフトスクラップノート[K1] (1,710yen)
A4サイズよりひとまわり大きな、クラフト紙でできたスクラップブック【5冊セット】
石原紙工製クラフトスクラップノート[K1]5冊セット

■クラフトスクラップノート[K3] (1,460yen)
レシートや領収書の保存に便利なクラフト紙でできたスクラップブック【5冊セット】
石原紙工製クラフトスクラップノート[K3]5冊セット

■クラフトルーズリーフ[KL3] (1,750yen)
クラフト紙でできたルーズリーフ。スクラップにも、プレゼンにも便利【5袋セット】
石原紙工製クラフトルーズリーフ[KL3]5袋セット

■クラフトアルバム[KA3] (1,460yen)
オリジナル事例集として活躍しているスクラップアルバム【5冊セット】
石原紙工製クラフトアルバム[KA3]5冊セット

■ブラックルーズリーフ[BL3] (2,340yen)
コアなファンから安定的な人気を誇る黒のルーズリーフ【5袋セット】
石原紙工製ブラックルーズリーフ[BL3]5袋セット

QLOOKアクセス解析